!!

back


1.生ごみ処理機
2.出来上がった堆肥
  • 生ごみの焼却は、炉内の温度上昇の妨げとなり、ダイオキシンの発生原因となる可能性があります。また、 都市ごみ組成の約30%が生ごみといわれています。
    生ごみを堆肥化することで、有機肥料が手に入ると同時に、可燃ごみの処理コストの減少、CO2の減少などが実現できます。
    そういった面でも、生ごみの堆肥化は、大変重要な提案であると思われます。