乾燥している
醗酵槽内
17年度設置の富士山頂の環境省直轄公衆トイレ
昨シーズン順調に稼動し、
弊社 コスモエース抜群の成果を達成しました。 

17年度環境省直轄山頂公衆新規建設に、弊社システム『コスモエース』が採用され、 18年から本格的使用が始まり夏季間(7月10日〜8月31日)順調に稼動し、 一日平均役1000人の登山者のし尿を処理しました。利用者や関係者から不快な臭いは全く無く、清潔なトイレだと好評でした。 10トン以上のし尿は全て分解消滅され、 富士山頂の環境保全に大きく貢献しました。トイレ全景の写真を下記に添付致します。トイレブースは写真のように清潔感が有り、 利用客からは山のトイレのイメージを一変したと大変喜ばれました。初期セットされたオガ粉はし尿と共に分解され、 写真のようなサラサラな状態で無臭でした。 初期セット量の5%を取出して、麓に下ろしました。春先に家庭菜園等の肥料と使用の予定です。 これによりちり紙による白い川もなくなり世界遺産登録も夢ではありません。 昨今登山ブームとの事この機会に全国の小屋主の皆さん、登山者に気持ち良い トイレを提供しませんか!
弊社はこの実績を踏まえ山のトイレをバイオトイレにしたいと頑張って います。

富士山の環境を守る屎尿消滅型コスモエース


BACK
トイレ全景

一日平均1000人のし尿を処理しました。
機械室

U−75型5台で約10トン以上の屎尿を処理しました。
トイレブース

清潔な洋便器。
和便器のトイレブース
小便器のトイレブース
取出されたコンポスト
さらさらで無臭です。

又、弊社は5年前から富士山環境整備事業に採用されコスモエース 設置が進みました。
整備事業は富士宮口登山道全ての山小屋8ヶ所が事業対象となり、 コスモエースU-50型 が合計50台が設置されました。
この環境整備事業で富士宮口の全ての山小屋にコスモエースシステム が設置され、これまで毎年垂れ流しされてきた30トン以上の屎尿は消滅し、富士山の屎尿問題は完全に解決されました。
醗酵槽内も映像の様に常に乾燥して、臭気は全くありませんでした。
富士宮口山小屋組合(宮崎 善旦組合長)では山小屋トイレの設置に当り色々な角度から検討を加え、 コスモエースの導入を決定しました
が、 トラブルも無く予想以上の良い結果が出たとコスモエースを高く評価しています。
事業開始以来コスモエースが設置されたトイレの幾つかを紹介致しますので、 ここをクリックして御覧下さい。